犬は関節の病気になりやすい

犬の最もなりやすい足のトラブルと言えば、関節が曲がり最終的に歩行困難になる『クル病』ですが、人間にもあるので、名前くらいはご存知の方も多いのではないでしょうか。犬の先祖である狼には、ほとんど見られない病気なので、人間に飼われたからこそ起きる病気と言っていいでしょう。

こうした「人に飼われた犬ならでは」の病気は意外なほどに多く、特に関節系の病気は列挙に事欠きません。原因は、ほとんどがカルシウムかビタミンDの不足で、特に日光を浴びる時間の少ない室内犬で起きがちです。その昔、前述の『猫まんま』『犬まんま』でもそれほど関節の病気が発生しなかったのは、多くの犬が外で飼われており、当時の日本人が魚中心の食生活事情であったことから魚の骨などをふんだんに与えられていたためです。偶然にも太陽光によるビタミンDの接種と、カルシウム分だけは事足りていたわけです。

犬の足が弱ると、飼い主によっては「運動が足りないから」と、無理に散歩に連れていったりしますが、ほとんどの場合これは逆効果。また、ガラス窓越しの日光浴もビタミンDのプラスにはなりません。放っておけば、関節の病気は悪化する一方で、特に『クル病』は、早めに対処しないと取り返しがつかないことになります。特に幼犬の頃の食生活は、犬の生涯の健康状態に多大な影響を与えるので、栄養素には注意を払わなくてはなりません。